代理店型のメリット

代理店型とダイレクト型の違い

自動車保険にはインターネットなどを利用して直接保険会社と契約を結ぶダイレクト型と、保険会社の間に代理店を挟む代理店型の2つがあります。ダイレクト型は保険会社のサイトなどで手順に従って契約を結ぶので自分一人ででき、直接契約で間に他の業者が入らないので保険料が割安になっています。また24時間事故対応の受付をしていて、対応の速さが強みです。代理店型では代理店と顧客が対面で説明や話し合いを通じて内容の確認と決定を行い、代理店が顧客の代わりに保険会社とのやり取りを行います。代理店によって電話受付の時間帯が違うケースもあり、24時間即時対応というわけにはいかない場合もありますが、事故の示談交渉・示談締結までについてはダイレクト型と同じように専任担当者が対応するので違いはありません。

代理店型は安心感が高い

代理店を通しての契約では手数料分どうしても割高にはなってしまいますが、代理店は複雑な自動車保険の内容を専門家の目で精査し、わかりやすく顧客に説明して選択肢を掲示してくれるので、顧客の疑問を解決したり契約内容の無駄を省いて最適な提案をすることができ、納得感の高い契約を結ぶことができます。自分で調べて契約する場合と違って、プロが既に内容を精査しているので契約内容の見落としや解釈の間違いといったリスクを軽減することができます。きちんと保険を機能させるためには契約内容の熟知が重要ですので、既に自動車保険に対して詳しい知識を持っている場合は直接契約の方がコストは下がりますが、そうでない場合は代理店型を選んだ方が無難だと言えるでしょう。