ダイレクト型のメリット

代理店型よりも安く保険に入れる

損害保険は終身の生命保険のような貯蓄機能はなく、リスクに対してコストを支払う掛け捨て保険になります。自動車を保有するときは必須の自賠責保険の他任意保険にも加入する選択肢があり、万が一に備えたいなら任意にも入っておくのが良いでしょう。できるだけ保険料を抑えたいのであれば代理店型よりもダイレクト型の保険会社を選びます。代理店型は大手損保会社などが提供する商品で、代理店を経由するので人件費などの経費がかかっています。一方ダイレクト型は主にインターネットを通じて利用者が直接契約を申し込む仕組みで、人件費等の経費がかかりにくい分保険料が低めに設定されています。同じ補償を安い保険料で受けられるのでお得と言えるでしょう。

インターネットで簡単に選んで加入

自動車を購入するとき、ディーラーが勧める任意保険に入るときがあるでしょう。自賠責はどの保険会社でも同じ保険料ですが、任意保険はそれぞれの会社で補償も保険料も異なります。できるだけ内容が充実していて安い保険料の会社を利用したいところですが、代理店系の会社の保険はディーラー以外からだと利用がしづらいです。一方ダイレクト型の会社はインターネットや電話を通じて簡単に保険の見積もりや契約ができます。比較サイトなどがあり必要情報を入力すると複数の会社の商品内容や保険料などが送られてきて簡単に比較ができます。いざ加入をするときもインターネットを通じて申し込むだけでできる手軽さもダイレクト系のメリットと言えるでしょう。