ダイレクト型のデメリット

良し悪しを自分で判断しよう

ダイレクト型の自動車保険も浸透してきて、当たり前に選択されるような時代となりましたが、それでも店舗型とどちらが良いのか悩み続ける方も少なくありません。一番のメリットでもある保険料の安さは、言い換えればデメリットにも繋がります。直接保険会社と契約するということなので、店舗型のように代理店を通しません。そのため、自分で気になる保険があれば保証内容を確認して吟味し、分からないことがあれば問い合わせてまた考え直してというように自分で決めることになります。もちろん分からないことは問い合わせれば電話やメールフォームなどで聞けば対応してもらえますが、保険は難しいから苦手と考える方にはデメリットになり得ます。

事故対応はどうなってるの?

ダイレクト型の自動車保険のデメリットとしてよくイメージされるのが、「万が一事故を起こしたときが不安」ということです。実際に事故を起こしたときに示談等の様々な対応をしてくれるのは保険会社なので、代理店の営業を通そうがダイレクト型であろうが、最終的には保険会社とのやり取りをしていくことになります。ダイレクト型でも申し込んだ保険会社に事故の問い合わせをすればきちんと対応はしてもらえますので、デメリットに考える必要はありません。ただし、事故対応そのもののレベルに関しては保険会社によっても異なるので、自身でもどこまで対応可能なのかは契約前に確認しましょう。見積もりの際は料金だけでなく、保証やその他の対応も確認したうえで良し悪しを判断することが大切です。