代理店型に向いている方

わからないことを積極的に聞くことができる人

自動車保険に加入する場合も、代理店型の商品が存在しています。体験型のメリットはなんといってもセールスマンに相談しやすいことでしょう。最近は、ダイレクト型と呼ばれるものがありますが、ダイレクト型の場合にはセールスマンがいませんので、わからないことがあっても直接面と向かって話しを聞くことができるわけではありません。ところが、代理店型の場合には、セールスマンがいますのでわからないことがあれば何でも相談することが可能です。

それと同時に、代理店型の自動車保険はサービス内容も非常に充実している点も見逃すことができません。様々なオプションをつけたい場合などは、ダイレクト型と比較するとその範囲も非常に広く魅力的と言えます。

手続きが面倒くさい人にとっては有利

代理店型は、営業マンが存在しますのでその営業マンにおんぶにだっこの状態で様々なことをお願いすることができます。例えば、契約書類などの作成はすべて営業マンに任せてしまってもよいでしょう。素人が契約書類を書くとなると、よくわからずに先になかなか進まないようなことも少なくありません。それだけでなく、ふだん仕事が忙しくてなかなか書類を書く暇がない人もそれらを代理店のスタッフに任せてしまえば安心といえるでしょう。このように、忙しい場合や書類を書くことに慣れておらず、面倒くさいと感じる人は代理店型を選ぶべきです。代理店を選ぶことで時間が短縮されるだけでなく、わざわざ難しい内容に頭を悩ます必要もなくなります。